海外から薬を

蓋に乗せた様々な薬

ゼニカルはアメリカなどで承認されている医薬品です

ゼニカルはロシェ社が販売している肥満治療薬の名称です。1998年に発売され、アメリカでは肥満治療薬としてFDAで承認されています。日本では未承認の薬ですが、美容外科などでは自由診療として販売しており、また海外から輸入代行業者を通じて購入することができます。ゼニカルは肥満防止を目的とする薬で、神経に作用するのではなく、脂肪の吸収を行うリパーゼという酵素の働きを阻害します。このため食べた脂肪の30パーセントは吸収されずに体外に排出されます。ただ、体にある脂肪をなくすわけではありません。アメリカで摂取していた人の口コミなどから日本でも肥満予防薬として摂取する人がいます。主に輸入代行業者から購入しています。アメリカでも重い副作用などの報告がなく、安全な薬と認められています。

副作用もなく安全な薬と言えます

ゼニカルは世界各国で4千万人の利用者がいると言われている医薬品です。発売から10年以上が経過していますが、重篤な副作用の報告もありません。人気の薬であるため、ジェネリック製品も発売されています。日本ではゼニカルは輸入代行業者などから買うことができますが、値段が安くなっている傾向にあります。またジェネリック製品も輸入代行業者から購入することができます。ゼニカルは脂肪の吸収を妨げるというはっきりとした目的と結果があり、それに見合う働きをする薬です。今後も、食事制限ができない、続かないという人には人気が衰えることがないと思われます。日本のサイトでも経験者の口コミが多数掲載されています。脂肪分の多い食事の前に飲むという人が圧倒的に多く、薬の役割に見合った服用の仕方がされています。今後も使用する人が続くと思われます。

このエントリーをはてなブックマークに追加